INFORMATION

ブログ

VOLVO OWNER FAIR

今週は、

「ボルボ・オーナー・デイズ」。

スウェーデン王室御用達の紅茶と、

特性キューブケーキをご用意して

スウェーデンならではのティータイム

”FIKA"をお楽しみいただけるフェアを開催。

*

ショールームでは、

ボルボコレクションの中から一部展示を行います。

お取り寄せもできますので、ぜひ。

ボルボの故郷、スウェーデンを感じる2日間。

ご家族おそろいで

ボルボ・カーズ世田谷へお出かけください。

ボルボ・カーズ世田谷

03-5491-1611


このエントリーをはてなブックマークに追加

展示車のご案内

4月13日、展示車のご案内をいたします。

V40 D4 DYNAMIC EDITION 

アイスホワイト

V40 CROSS COUNTRY D4 DYNAMIC EDITION

デニムブルーメタリック

V40 CROSS COUNRRY D4 MOMENTUM

ルミナスサンドメタリック

V60 D4 CLASSIC

マジックブルーメタリック

V60 CROSS COUNTRY D4 CLASSIC 

オスミウムグレーメタリック

V90 CROSS COUNTRY T6 AWD SUMMUM

メイプルブラウンメタリック

V90 T5 MOMENTUM

クリスタルホワイトパール

      ☆      ☆      ☆

いよいよ、セルアウトです。

ボルボ・カーズ世田谷

03-5491-1611

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ vs ドイツ車

私たちは

ボルボをご検討中のお客様に、

競合ドイツのおクルマにご試乗いただくことを

おススメすることがあります。

そこには、他メーカーと

ボルボとの間に明確な違いがあることを

ぜひ、体感していただきたいからです。

色はどうでしょうか。

デザインは。

バランスは。

シートに腰かけて

視界はどうですか。

バックミラー、

スイッチ類の一つ一つ。

そして走ること。

そこには、スウェーデンで生まれ育った

決して揺らぐことの無い哲学があり、

あらゆる面で人を中心に据えた設計があります。

シンプルで機能的、そして美しい。

ご用意するのは、ドイツの競合車2社。

わざわざほかのディーラーへ出かけなくても

ボルボ・カーズ世田谷でお乗り比べいただけます。

今、お乗り頂いているおクルマのその装備、

オプションでいいですか。

ドライバーやすべての乗員、

さらに歩行者やサイクリストまでも守るために、

先進安全技術「インテリセーフ」を、

グレードによってオプションにすることなく、

日本で発売されているすべてのモデルに標準装備しています。

ここまで徹底させている自動車メーカーは、

日本でも、そして世界でも非常に稀な存在です。

全ての人に、ボルボクラスの安全を。

ボルボ・カーズ世田谷 03-5491-1611

このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りの空間

4月になりました。

今週から、新生活が始まった方も多いと存じます。

緊張したり、いそがしくなったり、

気持ちも落ち着かない日が続きます。

そんな時、車を見てホッとする。

車に乗って、ホッとする。

そんなデザインの力が、ボルボにはあります。

乗り込むたびに特別な気持ちにさせてくれます。

パノラマ・ガラス・サンルーフから注ぐ自然光、

座り心地のいいシート、

きれいな空気、

LEDの間接照明はほんの一例です。

※一部にオプション設定

*

ボルボが、あなたのリラックススペースで

心からくつろげる場所でありますように


 ボルボ・カーズ世田谷

03-5491-1611

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒の戻り

週の始まりは 週の終わり

スキー場では、10cmもの新雪に恵まれ

都会では はっきりとしないお天気…

少し肌寒く、

思わずシートヒーターのスイッチを入れた週末でした

みなさまは、いかがお過ごしでしたか

*緑色の花が特徴のウコンザクラ*

今年は、「お花見が長ーい!」

と感じている方も多いのではないでしょうか

つい、先週までの桜吹雪に囲まれた道とは違いますが

よく見ると八重桜やサトザクラなど、

 今 が見ごろのサクラも多く咲いています

 *^^*       *^^*       *^^*

東北へ向かえば、ソメイヨシノも今が見ごろです

ぜひ、ボルボで出かけてみませんか

都会の喧噪を離れ、遠くへ。
街に似合う品格と、自然に調和するクリーンなライン。
オールロードに対応した、圧倒的な走行性能。
V90 Cross Countryは、あなたの更なる冒険心に応えてくれるデザインです。

ボルボ・カーズ世田谷 03-5491-1611

このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故死ゼロを目指す

春の全国交通安全運動が始まりました。

本年は4月10日を「交通事故死ゼロを目指す日」と定めています。

私たちのビジョンは、

2020 年までに、

新しいボルボ車での交通事故による死亡者や重傷者をゼロにすることです。
ホーカン・サムエルソン(ボルボ・カーズ 社長兼CEO)

ボルボは実際に起きた事故から学び、

それを生かした技術革新を絶え間なく継続することで、

交通事故による死亡者や重傷者をなくすことを目指しています。

私たちは実際の衝突事故のデータを収集し、

徹底的なリサーチとコンピュータによるシミュレーション、

そして何千回もの衝突テストを行います。

他に類を見ないほど広範囲にわたる研究が、

私たちを安全性における世界的なリーダーたらしめているのです。

歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能 (夜間含む)

昼間だけでなく薄暗い環境下でも

自車前方の歩行者やサイクリストを識別し、

衝突の危険が生じた際にはドライバーへ警告。

適切な回避操作が行われなければ自動ブレーキを作動させます。

前方にヘラジカやトナカイ、馬などの大型動物を検知した場合も

まずドライバーに警告を発し、

警告に反応がなければ通常の最大制動力の約30%(約0.3G)で自動ブレーキを作動させます。

「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ(※ミリ波レーダー、 デジタルカメラ、赤外線レーザー方式)」を全モデル・全グレードに標準装備化 (10種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」アイテムとして)

ボルボ・カーズ世田谷

03-5491-1611

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018 WORLD CAR AWARDS

XC60は今年初めに権威ある北米SUV・オブ・ザ・イヤー2018を受賞しており、

またコンパクトSUVのXC40は、

今月初めのジュネーブモーターショーで、

欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ボルボがこのモーターショーでワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するのは初めての栄誉となります。

この受賞について、

ボルボ・カー・グループ代表取締役社長兼CEOの

ホーカン・サムエルソンは

「ボルボが行ってきた製品への投資がその恩恵にあずかることをとても嬉しく思います。ボルボは、依然、厳しい競争にさらされていますが、今回のXC60の受賞は、ボルボのデザイン、コネクティビティ、安全性が、世界中の顧客にとって魅力的な組み合わせになっていることの証だと受け止めています。」と語りました。

2017年ユーロNCAPにおける総合評価で最高評価を受けた新型XC60には、

自動ブレーキ機能だけでは衝突を避けられない万一の状況にも対応できる、ステアリングサポート機能付きオートブレーキ・システムの「シティ・セーフティー」を装備しています。

さらに、対向車との正面衝突時の衝撃を緩和するのに役立つ、

ステアリングアシスト機能付き「オンカミング・レーン・ミティゲーション(正面衝突回避支援機能)」や、車線変更時の衝突のリスクを低減するためのステアリングアシスト機能付き「ブラインド・スポット・インフォメーション・システム(BLIS)」が用意されています。

XC60は幅広いエンジンバリエーションを取り揃えているとともに、パワートレイン群の最上位機種には、多くの受賞歴を誇るT8ツインエンジン・プラグインハイブリッドを用意しており、最高出力407 psを発生します。

このモデルの0-100 km/h発進加速タイムはわずか5.3秒です。

これら2つの受賞は、今月初めにジュネーブで、

国際的なメディアの同じ識者たちによって選出され、

サムエルソンに授与された、

「第1回ワールドカーパーソンオブザイヤー」に続く栄誉となりました。

サムエルソンは、ボルボの成功を推進するための近年の活動が評価されて、この第一回目の賞を授与しました。
 

 

本プレスリリースは、3月28日スウェーデン本社発、プレスリリースの翻訳版です

このエントリーをはてなブックマークに追加

初夏の陽気

god dag!  グ ダグ! 

こんにちは

初夏のような、強い日差しが続きます

運転中もこまめに水分補給をしましょう

知らないうちに脱水症状が進むことがあります

集中力が低下したり、いらいらしたりしたら要注意です

すぐに休憩を取りましょう

クルマを停めたら、短時間、目を通してみませんか

想像力を掻き立てられる、「読むカタログ」です。http://readtolead.v-car.jp/

*

*

*

*

*

「あなたとクルマ、そして世界をつなぐ 」

――それがボルボのSENSUS(センサス)です。


SENSUSは、ドライブをより楽しくし、

あなたのボルボライフをよりシンプルに、

より便利にするインテリジェント・テクノロジー です。


SENSUSは、直観的に操作でき、

あなたのボルボがデジタルライフを途切れさせることはありません。

ぜひ、触れてみてください。

「直観的な、」の意味がお分かり頂けるはずです。

ご来店、お待ちしております。

ボルボ・カーズ世田谷

03-5491-1611


このエントリーをはてなブックマークに追加

展示車のご案内

3月30日、展示車のご案内をいたします。

V90 T5 MOMENTUM

クリスタルホワイトパール

V90 CROSS COUNTRY T6 AWD SUMMUM

メイプルブラウンメタリック

V60 CROSS COUNTRY D4 CLASSIC 

オスミウムグレーメタリック

V60 D4 CLASSIC

マジックブルーメタリック

V40 CROSS COUNRRY D4 MOMENTUM

リッチジャバメタリック

V40 CROSS COUNTRY D4 DYNAMIC EDITION

エレクトリックシルバーメタリック

V40 D4 DYNAMIC EDITION 

デニムブルーメタリック

.

      ☆      ☆      ☆

新しく入ったのはこのクルマ。

ぜひ、ご覧下さい。

お待ちいたしております。


ボルボ・カーズ世田谷

03-5491-1611

このエントリーをはてなブックマークに追加

A New Generation

週の始まりは 週の終わり

今週もお疲れ様でした

東京の桜は散ってしまいましたが

そんな花びらも愛おしい、4月の始まりです。

4月は新しいことが始まる月。

大人も子どもも、わくわくドキドキの多い時です。

そんな4月、

ボルボからのプレゼントも見逃さないでくださいね!

子供も大人と同等の安全性を
確保しなければならない。

1972年に世界で初めて
「後ろ向き」チャイルドシートを発表したことから、
ボルボのチャイルド・セーフティ・プログラムを本格的に始動。
2000年には、世界初の
ISOFIX対応の後ろ向きチャイルドシートを発表し、
2001年以降は、
妊婦の安全かつ快適な運転環境に関する研究を開始し、
常に先進の安全性を子供たちにも提供しています。

後ろ向きシートで前向きに考える
新世代チャイルドシート

ボルボは徹底的な研究と独自のイノベーションを繰り返し、
50年以上にわたって
車内での子供の安全を守り続けてきました。
そして新世代チャイルドシートでは、
今まで培ってきた開発ノウハウを凝縮し、
デザイン、快適性、利便性を高めました。
*
*
*

チャイルドシートQ&A

Q. 後ろ向きチャイルドシートはどの程度重要なのでしょうか?
A. 子供の首は脆いので正面衝突の影響で引き起こされる「前方に放り出される重圧」に耐えることができません。前を向いたシートでは、衝突の際に首にかなりの負荷がかかります。後ろ向きチャイルドシートなら、この力は子供の背中と頭の全体に分散されます。一般に後方からの追突による衝撃は、正面衝突に比べて高くはありません。
Q. 後ろ向きチャイルドシートは何歳まで?
A. 乳幼児はできるだけ長い期間、少なくとも3~4歳位になるまでは、後ろ向きチャイルドシートをご使用ください。成長し、子供の頭がシートの先端を超えるくらいになった頃に前向きのチャイルドシートに換えましょう。成長につれて首は大人のように強くなっていくことでしょう。さらに背が伸びることで身体に対する頭の割合がより小さくなっていきます。それまでは後ろ向きチャイルドシートを使用してください。後ろ向きチャイルドシートで脚が完全に伸ばせないということで子供の安全性が阻害されることはありません。
Q. チャイルドシートを購入する際、注意することはありますか?
A. まず、そのチャイルドシートがあなたの車に適合するものでなくてはなりません。そして型式認証を証明するラベルや正式な保証書が付属されているかを確認してください。
Q. ベビーシートを装着する最適な場所は?
A. 多くの人々が、目配りがきき、手の届く範囲、すなわち助手席と考えるかもしれません。しかし、助手席のエアバッグが作動可能となっている場合は決して助手席にベビーシートを装着してはいけません。助手席正面に作動可能なエアバッグが備えられている場合、ベビーシートはリアシートへ装着してください。必要に応じて助手席エアバッグを非作動にできる車もあります。それが可能かは、オーナーズマニュアルをご確認ください。ボルボ車はすべてのシートに同等の安全性がありますのでどの位置でも安心して装着していただけます。
Q. 助手席エアバッグの作動状況を確認することはできますか?
A. 車によっては助手席エアバッグの非作動の設定がない場合もありますが、ボルボには助手席のエアバッグ・カットオフスイッチがあります。またスイッチがOFFになっているかは直接確認できます。
Q. チャイルド(ベビー)シートはいつまで使わなければならないですか?
A. 最も重要なことは、チャイルド(ベビー)シートが最適なサイズでなければならないということです。赤ちゃんや子供が成長し、頭がつかえ、身体が収まりきらなくなりそうになった頃には、より大きいサイズに換えてください。

詳しいお問い合わせは、

ご担当・またはアドバイザーまで。

ボルボ・カーズ世田谷 03-5491-1611

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
10ページ中8ページ目
RSS FEED https://setagaya.vc-tokyo.jp/news/feed?feed=rss