INFORMATION

ブログ

VOLVO WITH PET

今週は、梅雨もひと段落。

真夏のような暑い日が続いておりますが

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

人だけでなく、ペットも急な暑さに体調を崩しやすくなります。

ご家族皆さまとボルボで快適なドライブをお楽しみください。

日本では約4割の家庭でペットが飼われているといわれています。


大切な家族の一員である
愛犬との

安心・快適にドライブするにはどうすればいいのか、

スウェーデンでのペット事情を踏まえてみていきましょう。

ボルボが生まれた国スウェーデンは動物福祉先進国

ボルボの生まれ故郷スウェーデンは

福祉の国として世界的に有名ですが、

人だけでなく、動物に対しても

そのケアは世界最高水準の国のひとつだと言われています。

例えば犬をひとつの主体として

「犬は犬らしく」扱うことを定めた犬の愛護法があります。

「犬とは社会性のある動物で、その部分を満足させるべき」

冒頭で述べられているこの法律は、

飼い主が長時間家を空ける際に犬を置き去りにすることを許してはいません。

そのためスウェーデン国内には、

飼い主が長時間家を空ける際に預けることができる

犬の保育園が数多く存在し、

それらは犬が快適に過ごせる設計であるよう法律で定められています。

スウェーデンの飼い主たちもまた、

犬の犬らしい暮らしのための努力を惜しみません。

初めて犬の保育園を知ったときは大変驚きましたが

世田谷区でもマナーやしつけ教室を兼ねた

保育園の看板を見かけるようになりました。

急停車時、30kgの犬は1tにも

昔から犬が家族の一員であったスウェーデンでは、

車ででかけるときも当然愛犬と一緒です。

日本でも愛犬とのドライブを楽しむ飼い主が増えてきましたが、防ぎたいのがドライブ中の事故。

たとえば約30kgの大型犬を乗せてのドライブ中、

時速40km/hの速度で頑強な物体と衝突してしまった場合、

犬が突然1トンの重量物となって──

まさに「象」と同じくらいの重さとなって、

フロントガラスや同乗者にぶつかることになります。

愛犬が大きな怪我を追ってしまうだけでなく、

飼い主さんや家族にも大きなダメージを与えてしまう可能性があるのです。

車に犬を乗せるときはフリーな状態にせずに、

しっかりと固定された

ドッグケージやハーネス(犬用のシートベルト)等で固定してあげることが大切です。

ペットとの楽しいドライブは、

安全・安心があってこそ。

ボルボは愛犬と共に安心・快適にドライブできるクルマ作りにこだわっています。

大切なペットとの安全で快適なドライブを楽しむアクセサリー

ドッグハーネス
ハーネスをシートベルトに装着して使用する犬用シートベルトです。
愛犬をしっかり固定し、急ブレーキの際に前方に投げ出されてしまう危険を防ぎます。
犬の大きさに合わせて4つのサイズを取り揃えています。

スチールガードネット
内装とカラーコーディネートされたスチール製のネット。
急ブレーキの際にラゲッジルームからの飛び出しや、
愛犬が車室に入るのを防ぎます。
ラゲッジセパレーター
スチール製のガードネットに装着し、ラゲッジルームを左右に分割するセパレーター。

ドッグゲート
リアゲートを開けた際にペットが飛び出してくるのを防ぐ
スチール製のゲート。
ドッグゲートは、ラゲッジセパレーターの右側、
左側どちらにも装着可能。両側に装着する場合は2セット必要になります。
リアシート・ペットカバー(BOXタイプ)
ドッグハーネス(愛犬用シートベルト)と同時使用で
リアシートで安全に愛犬とドライブを。
小型犬も、大型犬も、愛犬のための快適な指定席を、
ボルボならしっかり用意できます。

リアシート・ロングプロテクトマット
雪と戯れる子供たちやペットの姿を想像してみてください。
とても微笑ましいけど、車に乗り込んでくると…。
リアシートの汚れを防止する防水マット。
新しくマットを敷いたままでシートベルトも着用できるようになりました。
これなら、安心。
リアシートプロテクトマット
愛犬や、アウトドアグッズを載せる際に便利なマット。
シートヘッドレストにワンタッチで取り付けることができ、様々なアレンジができます。
どうぞお気軽にご相談ください。
ボルボ・カーズ世田谷
03-5491-1611

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS FEED https://setagaya.vc-tokyo.jp/news/feed?feed=rss